コトバ綴ジ

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Monica Dengo WS

monica16.jpg

10日から12日まで福岡でMonicaのWSでした。

1日目は羽ペンカット。
写真のものは七面鳥の羽で、かなり大きいものです。
教室においている16世紀の楽譜、文字はともかく音符が大きく、家にある羽ペンをみながら、こんな大きな音符がかける羽があるんだろうか・・・と思っていたのです。
書きやすいように、羽の軸のカーブを写真のような位置にくるようにしてペン先をカットするのがふつうなのですが、軸は楕円形のため、幅の広いペン先が必要ならカーブを気にせず、楕円の長いカーブの部分をカットしてもよいとのこと。
当時どうしていたのかはわかりませんが、なるほど、それならうちにある楽譜の音符くらいのものはかけそうです。

市販のカッターナイフでも試していて、なかではデザインナイフの曲線刃のものがカットしやすかったのですが、モニカ愛用のQuill Knife(George Yanagita氏がつくったもので、今はもうつくっていないとのこと)はほんとうにカットしやすく、急に上手くなった気が。
ただモニカは市販のナイフでもうまくカットしていたので練習あるのみなのでしょう。Donald Jacksonがいうことには「Quillを思うようにカットできるようになるには100本カットすること」。

家に帰って手持ちのQuill Knifeで試したところ、モニカのほどでないもののデザインナイフよりカットしやすいので、うまく研げば使えそうです。


それにしてもquillはほんとうに書きやすく、文字を書き始めると心地よくてとまらなく。金属のペンとはちがう手の感触は、ふだん書いていないような線もうみだしてくれます。道具と手と線の関係の深さを改めて感じます。

後半に使ったアルミペンはquillとは感触がまったくちがうのですが、こちらもふだんのペンには出せない自由な線とかたちが不思議と出てきて、文字を書く、のではあるのですが、legibleなものを書いている時とはちがう、書く行為そのものの気持ちよさに全身をゆだねました。

前回もそうでしたが、legibleでないもののおもしろさ気持ちよさをこんなに感じているのに、それでは作品をつくっていない・・・。
そのほか、自分にとってnativeでない言葉と文字をあつかうことについてモニカに指摘されました。
それはずっと考えてきたことで、自分のなかでは一応のこたえはあるのですが、そのこたえに縛られることなく、考え続けていきたいことです。


さて、カットした羽ペンでいろいろ書いている最中、参加者のひとりが絵を描いていたことから、「ミケランジェロはじめ、昔はdrawingも当然羽ペンで書いていて、羽ペンで書いた線らしいthick&thinが出ている」とモニカが。

以前blogにも書きましたが、ミケランジェロの展示を見て彼のhandwritingの変化について簡単に調べてみたことがありました。そのことについてMonicaにも訊いてみよう、と調べた資料等をもっていっていたのですが、この話が出て、あ、間違いなくモニカは彼のhandwritingについても詳しく知ってるなー、と確信。

翌日話してみると、やはりそうでした。何もこちらがいわなくても、「そう、○○才のときにhandwritingが変化している」などなど・・・。
そして、「おもしろいのは、年をとったときの手紙では若いころのwritingに戻ってるのよ。」と。あ、全部見てる!さすが!でした。
この当時の文字、quillで書いているのですがthick&thinがはっきり出ていないので、ペン先の角はシャープでなく、丸くカットされていただろうとのこと。

そして彼のhandwritingが見られるサイトも教えてくれました。




Comment

2016.09.13 Tue 12:24  

Quillはすてきですよね。ずっとしまい込んであるけど、どのくらい使えるのかなー。この機会に使ってみようか、ダメならダメで仕方ないしね。

ミケランジェロのhandwritingのサイト、紹介してくださってありがとう!これ見たかったものです。そういえば最近、calligraphyとhandwritingの違いを聞かれたのだけれどどう考えてらっしゃいますか? handwritingの特化した部分がcalligraphyというイメージなのですが、分かりやすい説明って何だろう、と思って。

nativeでない言葉を扱うことについてMonicaがなんと話していたのか気になります。。
  • #V4mPRwfY
  • misa
  • URL
  • Edit

2016.09.14 Wed 23:22  

Quillはあらためてよいなーと思いました。
書いている感触がほんとうによくって。ぜひひっぱりだしてみてください!

handwritingとcalligraphy、handwritingは上手、下手など関係なくその人のふだんの手書きの文字、calligraphyはやはり訓練して美しく書く、という感じでしょうか。handwritingはあくまでpersonalなもので、calligraphyとはちがう気がします。日本人だとアルファベットの"handwiritng"といってもなにかしら訓練しているものになりそうですねー。

Monicaはよく知っている言葉・文字だと知っている分苦しむこともあるけれど、深く考えていけると思っているようです。
心惹かれる言葉は母国語でなくてももちろんあるんですけど、なぜ日本語・文字を使わないのか、という疑問は当然なのかもしれません。


  • #AzGtBMyw
  • sayaka
  • URL
  • Edit







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Home

プロフィール

sayaka

Author:sayaka
星の
かわりに
夜ごと、ことばに灯がともる
(ウンベルト・サバ 須賀敦子訳)

ことば+アルファベット+妄想。

カリグラフィーをしています。

町の写字室管理人

@scriptorium303

最新記事

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

カテゴリ

ユーザータグ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。