FC2ブログ

コトバ綴ジ

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お日さまのぼって 夜はにげていった

fukuekamigoto.jpg

最初の地震から明日で3週間になります。

ものすごく長い時間をすごしたように感じて、ふっと何曜日か考えてみると、まだ地震の起きた木曜の夜から数日しかたっていないことに驚いた日曜の夜。
それからあとは、信じられないくらいあっという間に日がすぎていったような気がします。
まだまだ落ち着かない日々をすごされている方も多く、このまま事態が落ち着いてくれることを願っています。

数日前からようやく震度2以下の地震速報も流れるようになりました(それまでは多すぎて3以上しか流れなかったので)。
余震は続いていますが、少し落ち着いてきて、ゆっくりPCをひらこうかという気になりました。
ご心配くださったみなさま、ほんとうにありがとうございました。


最初の数日、ひとりで室内にいるのがどうも不安なときは避難所にいったり外にいたりしていました。
文庫本を一冊、もっていこうとその場になった何冊かのなかから手に取ったのが『たのしいムーミン一家』。
ほかは読む気になりませんでした。
余震や心配でとぎれとぎれに読むのにもちょうどよく、なによりもあのひとたちそれぞれの、いろいろなできごとに出くわしても高くもなく低くもないテンション。安心でした。


ムーミン一家がニョロニョロの島へ行き、大嵐の夜をすごします。
夜が明けるころに嵐は遠ざかります。
「そうだ。ぼくは朝の歌をうたおう」
スナフキンがそのときに歌った歌。

お日さまのぼって
夜はにげていった


二度目の大きな地震は夜中でした。
地震が続く中、外ですごしながら、空が明るくなるのがほんとうに待ち遠しかった。ほんのり明るくなってきた時のあのほっとした気もちは忘れられません。

(写真は福江から上五島にいくフェリーの中から見た灯台。
トーベ・ヤンソンの夢は島を持って島に暮らすこと、そして灯台守になることだったそうです)

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Home

プロフィール

sayaka

Author:sayaka
星の
かわりに
夜ごと、ことばに灯がともる
(ウンベルト・サバ 須賀敦子訳)

ことば+アルファベット+妄想。

カリグラフィーをしています。

町の写字室管理人

@scriptorium303

最新記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

カテゴリ

ユーザータグ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。