FC2ブログ

コトバ綴ジ

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

けれども、わたくしは、これらのちいさなものがたりの幾きれかが、おしまひ、あなたのすきとほつたほんたうのたべものになることを、どんなにねがふかわかりません。

hm2.jpg

わたしたちは、氷砂糖をほしいくらゐもたないでも、きれいにすきとほつた風をたべ、桃いろのうつくしい朝の日光をのむことができます。
 またわたくしは、はたけや森の中で、ひどいぼろぼろのきものが、いちばんすばらしいびろうどや羅紗らしやや、宝石いりのきものに、かはつてゐるのをたびたび見ました。
 わたくしは、さういふきれいなたべものやきものをすきです。
 これらのわたくしのおはなしは、みんな林や野はらや鉄道線路やらで、虹にじや月あかりからもらつてきたのです。
 ほんたうに、かしはばやしの青い夕方を、ひとりで通りかかつたり、十一月の山の風のなかに、ふるへながら立つたりしますと、もうどうしてもこんな気がしてしかたないのです。ほんたうにもう、どうしてもこんなことがあるやうでしかたないといふことを、わたくしはそのとほり書いたまでです。
 ですから、これらのなかには、あなたのためになるところもあるでせうし、ただそれつきりのところもあるでせうが、わたくしには、そのみわけがよくつきません。なんのことだか、わけのわからないところもあるでせうが、そんなところは、わたくしにもまた、わけがわからないのです。
 けれども、わたくしは、これらのちいさなものがたりの幾きれかが、おしまひ、あなたのすきとほつたほんたうのたべものになることを、どんなにねがふかわかりません。

  大正十二年十二月二十日 宮沢賢治


先日、念願かなって原マスミさんのライブに行くことができました。それも熊本で。

なんというか、ものすごくなかから幸せになった時間でした。ずっと見てみたかったから、というのでなく、たぶんまったく知らずに初めてきいてもおんなじ気持ちになったにちがいありません。

上の文章は、宮澤賢治の『注文の多い料理店』の序文。
ライブ、曲のなかで朗読されたものです。

「すきとおった、ほんとうのたべもの」

そんなライブでした。

hm1.jpg

高校のころ、『哀しい予感』の表紙が好きでたまらなく、でもネットなどなかったころ、名前しかわからず。
それからずっと後になって、目黒の美術館で展示があって、期間中たまたま東京に2回行くことができて、2回も見ることができて、そしてそれからまたしばらくたってライブまできくことができて。
よい人生です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


そして、これも最近。
XTCのファンの方々が「XTC三昧」というイベントを横浜で続けてらして、今年のそのイベントに、日本のファンのために、なんとAndyが曲をつくってくれました。
さらに、ご尽力のおかげで公開まで!
「DOMO ARIGATO GOAIMASU」の繰り返しなんだけど、きゃー、XTC。
https://soundcloud.com/monacchi/domo-arigato-gozaimasu

Andyにもご尽力くださった方々にも「どもありがとございます」!。
幸せ。

そして今晩はBSでBECKのライブも。

音楽的幸せ週間が続いています。



Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Home

プロフィール

sayaka

Author:sayaka
星の
かわりに
夜ごと、ことばに灯がともる
(ウンベルト・サバ 須賀敦子訳)

ことば+アルファベット+妄想。

カリグラフィーをしています。

町の写字室管理人

@scriptorium303

最新記事

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント

カテゴリ

ユーザータグ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。