FC2ブログ

コトバ綴ジ

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚の薬

lpf1.jpg

『星の王子さま』、うちには2冊あります。新訳がたくさん出たにもかかわらず、どちらも内藤濯さん訳のもの。
ひとつは岩波少年文庫のもの(初版は昭和28年、もっているのは44年)。

・・・もとの本には、作者自身の手になった水彩画が、ほとんどページごとにはいっています。この訳本でも、もとの色どりをそのまま複製したかったのですが、出版の方の事情が許さないので、しかたなくあきらめました。残念です。

と、内藤さんのあとがきにもあるように、見返しに続く1枚の王子さまの絵以外はモノクロです。
でも、赤い栞が映えてます。

「訳本を公にしてから、もう十三年あまり」あと。
ずいぶんとたくさんの人の手に渡り、たくさんの人に贈られた『星の王子さま』。
増刷のときに、あとがきにさらに加えられた文章があります。

・・・いつかの「図書」には、あまりしょっちゅう読むのは勿体ないような気がして、時々絵だけ眺めたり、パラパラとめくってみたり、それからまた本棚にしまって、それがあるだけで安心する、と岸田今日子さんが書いておられましたが、これこそは、ほんとうにこの本に親しんでいる人の気もちでしょう。信用してなん度かのんだ薬というものは、もうそれをのまなくても、手もとにあるということだけで、思いのほか効き目をもつものです。

ずいぶんひさしぶりでも、効き目のかわらない薬、あらたにちがう効き目もある薬。
一度しか読んでないけれど、実物も手元にないけれど、ずっと効いている薬、もありそうです。


内藤濯さんは、口述を書きとめてもらいながら翻訳しています。
口にだしてここちよい、ことを大事にされていたとのこと。たまには声にだしてよんでみます。


ところで、岩波少年文庫は、石井桃子さんが企画編集に携わっていらっしゃいます。
この本のあとがきにも

・・・訳者としてはできるだけ良心をもって事にあたったつもりですが、訳筆を進めてゆくうちに、もとの文体の単純さが日本語に移しきれなくて、気おくれしたことも一度や二度ではありませんでした。でもそこを、さほど不体裁でなく切りぬけることができたのは、お忙しいところを何かと面倒を見てくださった石井桃子さんのおかげです。

とありました。

『くまのプーさん』はじめ、たくさん児童文学を訳されている石井さんですが、犬養道子さんの『花々と星々と』を読んでいた時。
彼女の祖父(犬養毅)の蔵書、それも漢書を整理するひとを探していた時に菊池寛の紹介でやってきたのが

・・・「石井桃子です」
と、その人は、それこそお祖父ちゃまの丹精の、バラのように薄ら紅い頬に笑みを湛えて自己紹介をした。若々しいが地味であった。地味だが明るかった。清潔で温かかった。
「これはいい人にちがいない」少女の直感で私はそう思った。

「漢文は出来ぬでもエエ。図書の好きな人ならエエわ」
ということでやってきているので、漢文ができたかどうかはわからないけれど、現在よりも漢文に親しんでいた時代でしょうから、きっと読めたのではないでしょうか。
創作もし、編集もし、英訳もし、漢書も。ことばの才能にあふれた人だったのだなあ。

lpf2.jpg

表紙も素敵なこの本。
道子さんの幼少のころからのことが綴られていますが、彼女のエピソードはもちろん、祖父の犬養毅、白樺派の作家の父をとりまく人々や情勢、当時の描写がとってもおもしろい本です。



Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Home

プロフィール

sayaka

Author:sayaka
星の
かわりに
夜ごと、ことばに灯がともる
(ウンベルト・サバ 須賀敦子訳)

ことば+アルファベット+妄想。

カリグラフィーをしています。

町の写字室管理人

@scriptorium303

最新記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

カテゴリ

ユーザータグ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。