FC2ブログ

コトバ綴ジ

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんたのほしいヒツジ、その中にいるよ

2015nenga.jpg

「こいつぁ箱だよ。
あんたのほしいヒツジ、その中にいるよ」

(『星の王子さま』 内藤濯 訳)


今年の新年のご挨拶には、ヒツジ年にちなんで、この言葉を使いました。

見えてはいないけれど、探しているヒツジが見つかりますように。


昨年は、3月に平戸でみたあるものをきっかけに、お墓の文字に興味をもち、
5、6月はひたすらいろいろな国や年代の石碑やお墓の文字を見てすごしました。(もちろんwebで。こういうとき、現地にいかなくてもたくさん見られるのは、本当にありがたい。)
数百みながら、石の文字が少しはからだにはいってきたように思います。
カリグラフィーの本、文字の歴史の本でもローマ時代の石碑の文字のあとは、写本上の文字が中心になりますが、それとまた並んで石の文字の世界もあったんだな、と。古い物は年代がはっきりわからなかったり、消えてしまっているのでむずかしいのでしょうけれど、じっくりたどってみたい世界です。

見た中で、目的の時代とはちがっても、目にとまって、よいなと思ったものはチェック。
今回使った文字はそんなお墓の文字からです。

もとはこちらとこちら
あ、ドイツだなあという。

これはなにかのフォントを元にしているんでしょうか?
手元にある本では似ているものはあっても、まったく一緒のものは見当たらなかったのです・・・。
フォントも元々石の文字ではないかなと思いますが。

この文字を彫ったひとがデザインもしているのでしょうか。
どちらも、ブレーメンのお墓のものです。

牛乳石鹸のような墓石のものは、Paul Freyeという造園家のお墓。
もうひとつは・・・最初気が付かなかったのですが・・・「U51」、の文字。Uボートではないですかっ。
1918年に沈んだものが1968年にひきあげられたそうで、そのクルーが眠っているそうです。

umiyuri.jpg

そして、今回、寒い、とか寒い、などの理由でシルクスクリーンは断念し、A4にプリントして四つ折りにするという形態にしました。
一緒に印刷していた写真のもとはこちらです。
昨年出かけた天草・御所浦の博物館でとったウミユリの化石。
断面だと思いますが、きれいな星のかたちでした。

ということで、誰にもわからないのですが、こっそり昨年の活動報告?にかえさせていただきました。



Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Home

プロフィール

sayaka

Author:sayaka
星の
かわりに
夜ごと、ことばに灯がともる
(ウンベルト・サバ 須賀敦子訳)

ことば+アルファベット+妄想。

カリグラフィーをしています。

町の写字室管理人

@scriptorium303

最新記事

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント

カテゴリ

ユーザータグ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。