コトバ綴ジ

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Richard Long の文字

先ほど種差展のことを書いたのでついでに。

展示のなかに、Richard Longというイギリス人アーティストの作品もありました。実際に青森県立美術館で製作されたもので、天井の高い部屋の壁一面、迫力ある作品です。

そして、彼の作品は、テキストが一緒なんです。
彼のサイトで、その作品を見ることができます。英語とその向かいには日本語

彼は実際に自分の足で歩いてみたことをもとにして作品をつくるのだそうですが、英語、日本語ともに歩きながら浮かんできたようなリズムを感じます。

使われているアルファベットの活字はGill Sansじゃないかと思いますが、ニュートラルな感じのものを選んでいるのでしょうか。彼のサイトで見るTEXTWORKSはほとんどそうじゃないかと。


さて、このアルファベットの並びを見ながら、以前同じ青森県立美術館で見た作品のことを思い出しました。

それも東北を歩いて写真を撮って作品にしたもので・・・。
なぜ記憶に残っているかというと、写真のクレジットが手書きのアルファベットで、しかも形やスペーシングがきれいだったから。

それで企画展の記録をさかのぼってみると、やっぱりそうでした

実際に見たものではないのですが、こんな感じのクレジット。拡大してもよく見えませんが、「Below the photograph, on the off-white paper mount, are the words ‘A LINE MADE BY WALKING’ (handwritten in red pencil) and, below this, ‘ENGLAND 1967’ (handwritten in graphite pencil).」と書かれてますね。

そしてテートギャラリー所蔵のこちら。スペーシング考えてないと、こうならないような気がします。


種差展の作品を見て、以前見た手書きのクレジットのことも思い出して・・・。


この人は、一歩一歩歩いたり、ひとつひとつ集めたり、一本一本線を描いたり、ひとつひとつ書いたりしながら、ものごとを確かめていくひとなんだろうなと思いました。
勝手に自分と同じ種類だと感じます。


しかし、この人も吉田初三郎と同じく、著名な方なのですね・・・。
知らないことが多いと、楽しい出会いも多い、ということにしておきます。


青森県立美術館、夏は「美少女の美術史展」だそうで!
こちらも楽しみです。

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Home

プロフィール

sayaka

Author:sayaka
星の
かわりに
夜ごと、ことばに灯がともる
(ウンベルト・サバ 須賀敦子訳)

ことば+アルファベット+妄想。

カリグラフィーをしています。

町の写字室管理人

@scriptorium303

最新記事

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

カテゴリ

ユーザータグ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。