コトバ綴ジ

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「どこかの天体から人がきて地球の美しさを教えてやらねばならないはめになったとき、

一番にこの種差海岸に案内してやろうとおもったりした。」

もうひとつお休みモードで。

これは青森の太平洋側、種差(たねさし)海岸についての司馬遼太郎の言葉だそうです。
私はまだいったことがないのですが、去年の夏の青森県立美術館の展示「種差 ―よみがえれ浜の記憶」ではじめてその名前を知りました。司馬遼太郎の言葉も展示で。

次の夏にはいけたらいいなと思っています。

写真は、展示もされていた、写真家笹岡啓子さんが写した種差海岸の小冊子から。


tane2_2014042622232538f.jpg

下の写真なんて、なんとなくアイルランドのようです(いったことありませんが)。
これは、葦毛崎展望台。いってみたい!

笹岡さんの写真は、そこで働き暮らすひとたちの姿がぽつりとうつしだされていて、あらがえない力を持つ大きなもののとともに人はいきていることを感じるものでした。

これは寒い季節の写真のようですが、きっとこれからここもいいシーズンだと思います。
こちらで、種差展の様子も海岸の様子もうかがえます。


さて、この展示を見て初めて知ったのが鳥瞰図を描く吉田初三郎という人でした。
とにかく、すごい立体感。
実は、これを見る1年ほど前から「平面のなかの立体感」というのが勝手に自分のなかのテーマになっていたのですが、この人のぐーんとせまってくるような立体感はすばらしく、「合格!」を出させてもらいました。
(ちなみに種差は、東山魁夷の「道」のモデルになった場所もあるということで、その展示もあったのですが、立体感というてんではダメだしさせていただきました・・・。うまい、へた、すき、きらいは全く関係なく、単に私の求めている立体感があるか、という基準です)
八戸のほうから、実際には見えないはずの青森市までかかれているのですが、これが違和感なく、「わかる!」という感覚。
たぶん、初三郎氏、空とんだことあります(笑)

宮城の金華山を屏風に描いた「金華山鳥瞰図」も大迫力でした。

今年の2月ごろ(だったかな?)googleのロゴがこの吉田初三郎の鳥瞰図になっていて、そんなにメジャーな人だったのか・・・と。

彼は種差をきにいって、別荘兼アトリエ「潮観荘」をもうけたほどだったそうです。

鳥瞰図の立体感は実際に見るといちばん感じられると思うのですが、こちらで自分の知っているところの図を見てみてはいかがでしょうか。

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Home

プロフィール

sayaka

Author:sayaka
星の
かわりに
夜ごと、ことばに灯がともる
(ウンベルト・サバ 須賀敦子訳)

ことば+アルファベット+妄想。

カリグラフィーをしています。

町の写字室管理人

@scriptorium303

最新記事

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

カテゴリ

ユーザータグ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。