FC2ブログ

コトバ綴ジ

Date : 2012年09月

Not a series of strokes, but space



タイトルに引用したのは、オランダのタイプデザイナー、Gerrit Noordzij(ゲリット・ノールツァイ)氏のことば。

Writing is not a series of strokes, but space, divided into characteristic shapes by strokes.

(といっても、言葉を先に知ったので、この方のことはあまりよく知らないのです。
いちおうリンクを2つ。。)

自分の書いている線。線によってつくられる形。
文字と文字の間。

写真は熊本の新聞博物館で見た手動丸鉛版鋳造機のなか。輪転機に取り付ける鉛版をつくるときに使う機械。中をのぞきながら、版の文字そのものよりも、それを囲む暗闇のなかに語られるものが溶け込んでいるような想像をしたり。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今回帰省のあいだに読んだ本は2冊。アンのワークショップをきっかけに、幾何学に取り組んでみようかなあなどと思いながら買ったままになっていた本。

ひとつは『アリストテレス はじめての形而上学』。「線とは何か」から「あるとは何か」を考えていく。

そして『フラットランド』。これは2次元の世界に住んでいる主人公が3次元の世界を見る、というお話。(膨大な注がついているのですが、注を読んでいるうちに前の章の内容を忘れてしまうくらいなので、もし読むならまず本文のみとおして読むのをおすすめします。)

2次元の世界。紙に書いたアルファベット「A」から隣に書かれた「B」を見ても、ただの線が見えるだけ。(同じ高さならAもBも当然真横からみたら同じ幅の1本の線に見える)。
本の中では線(女性)と多角形(円)(男性)が住んでいるのですが、もちろんその形を上からみることはできない。霧に包まれた世界で、線がどんなふうに見えなくなっていくか、でどの多角形か判別できる。たとえば、ものすごい鋭角の二等辺三角形で、その鋭角のほうから見ると、見える線は短く、あとはあっというまに霧の中。円なら、線は長く、徐々に霧に消えていく。

pointland(点の世界)、lineland(線、1次元の世界)、flatland(面、2次元の世界)、spaceland(空間、3次元の世界)・・・。
ちがう次元を見せられながら、文字のことがいろいろ頭をよぎります。

スペーシング。距離ではなくspace。平面に文字を書いているけれど、その形がわかるのは3次元の世界に住んでいるからなんだと当たり前のことを改めて。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さて今回、帰省の途中で数時間京都滞在。
下鴨神社の古本市に行こうか迷ったけれど、雨が降っていたので、たまたま帰省直前に知ったギャラリー雅景錐さんに

そこで井川淳子さんの作品を初めて見ました。

展示していたシリーズとはちがいますが、
作品はこちらで見ることができます。

匠ミュージアム 第1回 第2回 第3回


まちがいなく「好きそうーー」と言われるかと。
はい、好きです。

ギャラリーでは第2回のところに載っている針の写真のシリーズで、針が1本だけの実物も見せていただきました。
それは、ある空間、次元の裂け目のようにも。

・・・この滴り落ちるのは時の尖が細つて点になったのだ。
 This drop falling is time tapering to a point.

(『波』ヴァージニア・ウルフ 鈴木幸夫訳)

帰省から帰ったあと『波』を読みながら、この箇所でその作品を思い出しました。


展示していたのは、リンク先の作品とはまたちがうシリーズです。
昨日、うちにお迎えしました。

ブランショの『アミナダブ』からのことば。
意味をもつのはそのことばを綴る文字ではなく、その間のスペース、space。
ながめているとそこに広がるのは3次元、4次元・・・多次元の世界。

そんな作品です。


スポンサーサイト



プロフィール

sayaka

Author:sayaka
星の
かわりに
夜ごと、ことばに灯がともる
(ウンベルト・サバ 須賀敦子訳)

ことば+アルファベット+妄想。

カリグラフィーをしています。

町の写字室管理人

@scriptorium303

最新記事

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント

カテゴリ

ユーザータグ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

Top