FC2ブログ

コトバ綴ジ

Date : 2011年12月

『シルエットでみる活字鋳造所』 by コッホさん

koch1.jpg

今年うちにやってきた本のひとつ、『Die Schriftgiesserei im Schattenbild』(The typefoundry in silouhette)。

Rudolf Kochさんのシルエットと活字による、活字鋳造所の様子を描いた本です。
すごく細かく表現された黒い切り絵と、文字の朱が美しく、眺めていると幸せ・・・。
ドイツ語がすらすら読めないのが残念ですが・・・。
表紙の「おたま」みたいなのは、そういえばこの前活版巡礼展でみたような。鉛を流し込む道具だったでしょうか。

koch1-2.jpg

切り絵にちゃんとコッホさんのイニシャルがひそんでいます。

オリジナルは1918年に出されたもの。
『Rudolf Koch: Letterer, Type Designer, Teacher
にも紹介されています。
(ちなみに、amazonで検索するとお高いですが、JOHN NEALだとsaleです。JOHN NEALでは密林では売り切れの本もあったりします。円高の今のうちに・・・、とついつい・・・)

koch9.jpg

アヤシイですが、ドイツ語辞書をひいてみたところ、これは1936年に出た第二版で、縮小されて印刷されたもののようです。

今年最後は、この本のなかからの画像をどうぞ・・・。

スポンサーサイト



プロフィール

sayaka

Author:sayaka
星の
かわりに
夜ごと、ことばに灯がともる
(ウンベルト・サバ 須賀敦子訳)

ことば+アルファベット+妄想。

カリグラフィーをしています。

町の写字室管理人

@scriptorium303

最新記事

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

カテゴリ

ユーザータグ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

Top